少子高齢化が進む日本で家族葬はこの先もスタンダードになり得るか

一般葬のように大がかりにする必要もなく、あまりコストをかけずにランクの高い葬儀を行うことができる家族葬は、少子高齢化が急速に進む日本において、時代のニーズに即したスタイルであると考えられています。トータルコストが安いというと、どうしても家族の都合ばかりをイメージしがちですが、実は見送られる故人にとっても理想的なスタイルであり、本当に親しい人たちだけで見送ってほしいという理由から、生前の意思として家族葬を希望する人も年々増えてきています。

参列者の人数は限られることになったとしても、大勢の人から形式的な弔辞をもらうより、生前から心を許して付き合ってきた人たちにオリジナリティあふれるお別れの言葉を言ってもらった方が気分が良い、と考える人は意外と多いものです。日本ではよく誤解されることですが、家族葬と一般葬は決して対極にあるものではなく、どちらも人生の最期を迎えるための選択肢であり、どちらが優れている、劣っている、ということではありません。

アットホームなお見送りをして弔ってあげたいというニーズがあるかぎり、今後の日本においても家族葬はますます標準的なスタイルとして定着するだろうと見られています。