家族葬を実際に選んだ人に聞くメリットと注意点

日本でもここ数年、従来の一般葬に代わり、小ぢんまりとした家族葬が標準的な選択肢になりつつあります。実際に家族葬を選択した家族になぜ家族葬を選んだのかについて尋ねると、低コストというキーワードが共通して浮かび上がってきます。

オプションプランの組み合わせにも左右されますが、平均データで考えれば、大がかりな一般葬よりも家族葬の方がトータルコストを低く抑えることができ、お葬式の費用が心配という人にとってはうれしい選択肢であると言えます。また、コストの問題以上にキーワードとして挙げられるのは故人の理想であり、生前から家族葬を希望していたという理由が大きく影響する場合もあります。

もちろん、故人の理想を最大限に取り入れた葬儀は家族にとっても一生の想い出になりますが、故人の交友関係によっては、かえって一般葬よりもよけいな手間がかかってしまう場合がありますので、どんな時でも家族葬がふさわしいというわけではないことを理解しておく必要があります。故人の理想を最大限に叶えるためにも、家族がお葬式でこんなはずじゃなかったという思いをしないためにも、本人が生きているうちから理想の葬儀についてきちんと話し合い、それぞれの理想を現実的なレベルにまで落とし込んでおきましょう。