結局どっちがお得?家族葬と一般葬

家族葬と一般葬はしばしば対立する概念として日本では認識されていますが、果たして総合的に考えた場合、長期的なスパンで見てどちらがお得と言えるでしょうか。単純にコスト面で考えると家族葬のほうが小ぢんまりとしている分基本相場は低く抑えられますが、葬儀において大切なのは最小限のコストで抑えることではなく、故人の理想を最大限に叶えたお葬式をデザインすることです。

その意味で考えればやや大がかりになる一般葬も決して割高であるとは言えず、また、故人の交友関係次第では一般葬にせざるを得ない場合もあります。それに、家族葬では参列者の人数が少ない分香典の比率がどうしても低くなるため、終わってみれば結局家族の方の持ち出しが多くなってしまう、ということも考えられなくはありません。

お葬式にコスト意識はなじまないかもしれませんが、数百万円単位の費用が必要になる儀式ですし、お葬式以外にも相続など、まとまったお金が必要になるタイミングはいくつかありますので、余分なコストはできるだけ削る、という感覚も大切となります。交友関係が広いから一般葬、狭いから家族葬と安易に決めつけることなく、本人と家族の希望を折衷しつつ、できるかぎり負担の少ない選択肢を選ぶようにしましょう。