初心者は要注意!家族葬でよくあるトラブル集

アットホームで落ち着いた雰囲気の中、限られた参列者によって故人を送り出せるのが家族葬です。家族葬は業界でオーダーメイド葬儀などと呼ばれているように、一般葬ではなかなか叶えられない細かいニーズを組み込めるスタイルとして、日本では幅広い年代から受け入れられています。

入念な準備を施し、本当の意味で信頼できる優良な葬儀社にめぐり逢うことができれば、家族葬は最高の葬儀になりますが、もちろんデメリットがまったくないわけではありません。家族葬は、参列者の人数と範囲をあらかじめ家族の方で限定できるという点に大きな特徴があります。広く開かれた一般葬では参列者の人数は具体的には予測できず、そのため結果的に規模が大きくなってしまいます。

家族葬では事前に参列者を限定している分、生前の故人と本当の意味で親しく、深いつながりのある人たちだけを呼ぶことができるため、決して儀礼的にならない心のこもった葬儀としてデザインすることができます。ただその反面、葬儀に呼ぶことができなかった人たちに対しての説明が重要となり、その部分の説明をおろそかにすると故人とのつながりを断ち切ってしまうことになるため、本人が生きているうちに家族が聞いておくとトラブルを防止することにつながります。